ご挨拶

1959年の創業以来、プラスチック成形技術を研鑽。品質の差別化で産業と社会へ貢献し、100年企業へ

大興化成株式会社は、昭和34年3月の創業以来、インジェクション成形、多層ブロー成形、及びダイレクトペット成形と、色々なニーズに対応し、業務の幅を広げて参りました。
又製品においても、浣腸等の薬品容器、農薬・食品・化粧品等の多層容器、雑貨等の各種容器、蛇腹・ダクト等の家電・自動車部品等、幅広く取り扱いをさせていただいております。
私どもは、多層成形技術・後仕上げ加工の自動化技術等で差別化を図りながら、独自性を発揮し、今後ともさらなる成形・加工技術の向上、品質の強化、コスト削減にあくなき努力を重ねて参ります。
また、益々多様化するニーズへ対応し、とりわけ環境対策に注力して、バイオマスプラスチックなどの新しい素材提案、脱プラ、減プラのご要望にもお応えしています。よりよい生活環境を作り上げるよう、プラスチック産業を通じて社会に貢献していく所存でございます。
今後とも、尚一層のご支援ご指導の程、偏にお願い申し上げます。

大興化成株式会社